ケンヂのきもち

まずは自分を知らなきゃね~

少年時代 3

(つづき) オッカンは最初、学校の帰りに通る道順がケンヂ達とは違っていたので、家が近い事を知らなかった。入学後数ヶ月が経ち、家が近いことがわかり、一緒に帰りだして仲良くなった。 背が前から2番目と小さかったが、明るく活発でグイグイ人を引っ張…

少年時代 2

(つづき) 貧乏だったが、長男の教育には父母も力を入れていた。兄は小学校に入った年からピアノを習い、3年生からは習字とそろばんを習い始めた。どれも能力を発揮し特にそろばんは6年で段を持っていた。ケンヂもそろばんだけ小学3年生のとき1年だけならい…

ケンヂの物語     序~少年時代 1

序 最後の時期が近づいてるのがはっきりとわかる”瞬間”ってあるよね? たとえば、学校の卒業時期・・・いままで同じ場所で勉強したり遊んだりしていた仲間と別れ別れになる前の時期 別れ別れになることは当然わかっている事実だけど それはまだ現実味の無い…

カテゴリー:ケンヂの物語(はじめに)

これはケンヂの物語です 50歳目前の歳になり どうやって今の自分が作られてきたのか 何を大切に思い考えてたのか どんな経験をしてきたのか 何が本当に大切な事なのか もう一度過去を振り返ってみようと思います。 「過去を振り返るものは人生の敗北者」とい…