ケンヂのきもち

まずは自分を知らなきゃね~

少年時代 3

 

(つづき)

 

 

オッカンは最初、学校の帰りに通る道順がケンヂ達とは違っていたので、家が近い事を知らなかった。入学後数ヶ月が経ち、家が近いことがわかり、一緒に帰りだして仲良くなった。

背が前から2番目と小さかったが、明るく活発でグイグイ人を引っ張っていくような性格だった。小学1年から6年まで同じクラスで、一番の仲良しになった。

 

オッカンの家は一軒屋でよく遊びに行った。可愛らしい妹がいたが遊びに行くとオッカンが追い出して二人でゲームをしたり本を読んだりして遊んだ。オッカンの妹が買っていた少女マンガの雑誌なんかも読んだりした。

オッカンのお母さんはセンスの良いお嬢様育ちな感じの人で、モダンで若かった。遊びに行くと、たまに手作りのおやつを出してくれた。甘いメレンゲムースのレモンソースケーキは絶品で、それまでおやつというものをほとんど口にした事がないケンヂを魅了した。

 

オッカンは当時珍しくサッカーボールを持っていて、よく公園でサッカーをして遊んだ。

ケンヂの家の近くの公園で二人でサッカーをしてたところ、後から公園に遊びに来た別の学校の小中学生15~6人に絡まれたことがあった。

ケンヂは大きな中学生数人に羽交い絞めにされ、殴られたりボールをぶつけられたり、投げ飛ばされたりして、馬乗りになられた。ケンヂはめいいっぱい抵抗したが、大きな中学生には力ではかなわなかった。

そのときオッカンが走り去るのが横目に見えた・・・え??

「お前の友だち見捨ててにげたで~」

馬乗りになり笑っている中学生に腹が立ち、手に思いっきり噛み付いた・・・

「いたたた・・・はなせ!!」

ケンヂは更に強く噛み続けた・・・

鉄のような味がしてきた・・・

周りにいた小中学生から蹴られたりしたが離さなかった。

噛み付かれた中学生は泣いていた・・・

その時、オッカンがケンヂの母を連れて走って戻ってきた。

「こら!」フライパンを振りかざし走ってくる母を横目に見ながら、サザエさんみたいだなぁ・・・となんとなく思った。

オッカンはケンヂを見捨ててはいなかった。

小中学生は一目散で逃げた。手からすこし血が出ていた中学生も噛み付いていたケンヂを振りほどき逃げていった・・・

この話は、翌日学校でクラスメートに知れ渡り(オッカンにより)、皆から英雄視されるとともに、「狂犬病」とか「ケン犬」とかいう渾名に変わった。

あまりいい気はしなかったが「スッポンよりましだろ~」と言われ、渾名を快く受け入れた。

 

ケンヂは小学生時代三度馬乗りになられた経験がある。

温和でお調子者だったし、決して喧嘩が好きなわけではない。

二度目は小学6年生の時だった。

当時図書委員と校舎整備委員をやっていたのだが、選挙で委員長副委員長を選ぶ時、立候補していないのに推薦でケンヂの名前が出た。校舎整備委員は他に推薦される人も無くすんなり副委員長になった。図書委員の選挙の時、副委員長に幼稚園時代から9年間同じクラスだった友だち、Nくんが立候補した。Nくんはクラスで一番小さく「チビ」と言う渾名だった。(悪気があっての渾名ではない)

当然立候補優先だろうと思っていたら、なぜか多数決でケンヂに決まった・・・Nくんは下を向いて悔しそうだった。

ケンヂはクラスの班長、総合学習の班長など、立候補しないのになぜかよく選ばれた。

図書委員選挙の数日後廊下でNくんがほかの子と歩いていたので、オッカンと

「おう!ちび~」と言って背中をトンと叩き追い抜かした・・・・次の瞬間、後頭部にNくんが殴りかかってきた。

いきなりだったので防御も出来ず、何度も殴られたまま馬乗りになられ、髪の毛をつかまれ床に何度もゴンゴン打ち付けられた。ケンヂはわけのわからぬまま殴られる状況を打破しようと、N君の髪を引っ張りながら、爪を立てて鷲づかみにした。ケンヂは握力が強く爪を立てていたところに血がにじんでいた。Nくんが泣いていても離さなかった・・・その時先生が来て引き離された。右手の指には血、左手の指には抜けた髪の毛がついていた・・・

Nくんは泣いていたが、ケンヂは喧嘩では泣かなかった・・・

先生はオッカンや周りにいた子から状況を聞き、怒らず二人を保健室に連れて行ってくれた。

 

その日の夜、家にNくんのお母さんがNくんをつれて怒鳴り込んで来た。

ケンヂは学校から帰るとその日は早い時間から疲れて寝ていたのだが、甲高い怒鳴り声で目が覚めた。

オッカンが「Nが先に手を出してきた」ということと、「頭をガンガン床に打ちつけられてたので、ケンヂが死ぬんじゃないかと思った」と言うことを、母に電話で話していてくれてたので、ケンヂは叱られることはなく

「家の子も顔があざだらけではれてるし、子供の喧嘩ですから・・・」と言って追い返しているのが玄関の方から聞こえてきた。

追い返しているのを聞きながら、ケンヂは、何でNくんがあんなに怒ったのか? を考えてみたが、「チビ」と言ったせいなのか?「図書委員副委員長」のせいなのか、やはりわからないでいた・・・が、一応反省して今後「Nくん」と呼ぶことにしようとのんきに考えていた・・・

  

 

夏休みにはオッカンと、近所の山のふもとにある神社『大判神社』と、その裏山に登ってよく遊んだ。神社境内の上から登り、山に入り道無き道を歩き回り、竹の子を掘ったり、木苺をみつけて食べたり、蝉やカブトムシやクワガタを捕ったり、木に登ったり、木々をツルで縛って屋根を作り、落ち葉を乗せて秘密基地を作ったりした。たまにグンボも呼んであそんだ。オッカンとは当時カブスカウトに一緒に通っていたので、アウトドアの知識はある程度持っていて、山は恰好の遊び場だった。

 

夏休みのある日、オッカンが

「グンボも誘って、夜明け前、朝5時に大判神社に集合してからカブトムシを捕りにいこう !」と言ってきた。

薄暗い山でカブトムシを捕る姿を想像して、どうしても行きたくなった。

一番遠いグンボが4時45分に家に来て、5時に大判神社に行くことにした。

親にその話をしたが、許してくれるはずも無くこっそり抜けだす事にした。

その日は、気づかれないように懐中電灯やビニール袋などをカバンに詰め準備し、早めに寝た。

朝3時には目が覚めた。様子を伺いながら抜け出す時間を待った・・・

4時半に気づかれぬようこっそり抜け出し、アパートの階段の下に隠れて、グンボを待った・・・

外は真っ暗でシンと静まり返って・・・人に見つかるかもしれないという緊張感でドキドキした。

時間が過ぎてもグンボは現れなかった・・

仕方が無いので、一人大判神社への道を人目につかぬよう急いだ・・・

暗い夜明け前に家を抜け出すのは初めてで、小学生のケンヂにとっては大冒険だった。

今と違い、当時はコンビニなんて無かったし、月明かりと街灯の明かりしかなかった。人目につくといけないので、街灯のある道は避けて月明かりで道を急いだ・・・

トムソーヤさながら、ドキドキしながらワクワクしながら大判神社に到着した。

  

f:id:sigecyan:20160918030423j:plain