ケンヂのきもち

まずは自分を知らなきゃね~

周防大島チャリンコ旅行

8月13日・・・
 
 
コースは
自宅(広島市)→(国道2号線)宮島口→大野→大竹→(国道188号線)和木→山口県岩国→
→由宇→大畠→(周防大橋)→周防大島→いけるところまで・・・
の往復です
 
 
⑤と⑥の間まで行きました
 
イメージ 2
 
 
走行距離 136.99kmでした
 
周防大島に自転車で行くのは3度目なんですが
一番最初は27歳の時元妻と④の先まで160km
2回目はK先生と先年11月①まで118kmでした
 
日帰りで元妻(自転車ビギナー)でも160km行けるところではありますが
年齢もありますし、真夏の炎天下と言うこともあるので
いけるところまでということにしました
またK先生と昨年11月に行く前10年間位自転車に乗っていない時期があり
その間2度目の右膝軟骨粉砕骨折をしていたので
あまり無理もできないのです・・・
 

 
 
 
 
 
わたしのバイクはロードレーサーで良い道を早く走るのには向いてますが
タイヤが細いのとギア比が平地使用になっているので
上り坂や悪い道には向いていません
 
K先生のバイクは去年先生が組んだものですが、
フレームもパーツも30年前位のものを使った
最近ではあまり見ないスポルティーフという長距離旅行用のバイクです
旅行路にあわせてK先生は自分でギアを付け替えたり装備を変えたり、
わたしとは違ってセミプロなんです(わたしはメカ音痴なので・・・)
 
自転車旅行の場合、K先生のような人と行けば、いざアクシデントがあっても
大丈夫なのでわたしのようなメカ音痴は助かります
 
 
 
 
わたしは日焼け止めの3度塗りをして携帯してます
服装は昨日の写真・・・長袖のウインドブレーカーにメンパン、
サングラス、帽子、グローブ
完全日焼け対策な恰好です・・・が・・・暑くて死にそうです・・・
ナップサックにタオル、濡れタオル、工具、
日焼け止め、ファーストエイドキットなどを入れてます
 
K先生はラフな半袖、7分丈ズボン日焼け止めなしです
工具とタオルをウエストバッグに
な~に、色黒でもう焼けてるから大丈夫  とのこと・・・
 
 
 
 
あさ6時に集合していざ出発~♪
今日の予報は 晴れ時々曇り 最高温度33度・・・
わたしはこの時期はやめようって言ったのですが・・・
 
走行は昔は平均時速30k/m以上で走っていましたが(信号待ちも入れて)
今は歳だし体力も足も出来てないので 大体いつも 平均時速18~20k/m(信号待ち込み)
位ののんびりした走りです
まず9キロほど走り、6時25分、宮島口の先のコンビニで飲み物の調達・・・
 
 
 
まだ涼しくて、宮島も綺麗に見えます~
 
 
できるだけ涼しいうちに先に進みます
宮島口から大野までは海際が多く、綺麗な海を見ながらの走行です
大竹から岩国は工業地帯や米軍基地があり重たい車が走るせいか
道が悪路でロードレーサーは悲鳴を上げます
 
小瀬川をわたり山口県岩国市に・・・
 
7時28分 岩国駅で休憩
約1時間です
 
 
 
 
涼しいとはいえ、もう汗でびっしゃんこです・・・
ビニール系の長袖は暑い・・・
日焼け止めスプレーをシュ~♪
 
15分休憩です 
トイレなどを済ませしゅっぱーつ
 
 
 
基本わたしは右膝が悪いので後ろを走ります
実際はドラフティングと行ってすぐ後ろ、
前の自転車とタイヤが擦れる位を走ります(K先生を風除けに・・・
体力の消耗も少なく楽に早く走ることができますが
道が悪い所とか路面が前もって見えないので距離をおきます
また、登り坂などは平地走行用に組んだギアなので
ついていけないので必然、K先生はどんどん離れて見えなくなります
最近のロードレーサーのように軽いギア比のギアがないんです
 
 
1時間ほど走り8:45休憩~♪
ウインドブレーカーのサウナスーツ効果で
もう汗を1Lはかいたんじゃないかと言うくらい汗をかいているので
由宇のセブンイレブンで飲み物をまた2本購入
 
イメージ 1
 
 
 
ちょっと小腹がすいたので コーヒー&ホットドッグを頂きました
 
由宇は広島カープの2軍練習地なのであちこちにカープの垂れ幕があります~
32歳で脳腫瘍でなくなられた、炎のストッパー津田選手はわたしの父と同郷の山口県周南市生まれです。山口県には、ね強いカープファンが多いですね
 
太陽はギラギラ・・・15分休憩の内に2度目の日焼け止めスプレー~しゅー
朝の3度ヌリ、その後2度のシュ~でもう顔色が不健康そうに白くなってヤバイ・・・
 
 
更に先を進みます
 
イメージ 2
 
 
和木から由宇・・・その先も海を眺めながらの走行です
 
 
イメージ 3
 
 
 
太陽の反射で皆もがキラキラ
とっても綺麗です
潮風も良いにおい・・・
 
あせびっしゃで暑くて死にそうで、
本当は、悠長に 綺麗だなぁ~なんていっているわけではありません
チラミですチラミ・・・
でもキツさをちょっとだけ軽減してくれます
この辺りは海水浴場なんかもあり
浜辺も綺麗ですね~
 
 
暑さと戦いながら先に進むと
大島に続く 周防大橋が見えてきました~♪
 
イメージ 4
 
 
こういった大きな橋を渡るには、必ず先に急な上り坂が待っています・・・・
ここまでにもアップダウンは数々ありましたが
なんとかK先生に引き離されずに走りました
登り坂では、足の筋肉に乳酸がたまらないように逃しながらギアを軽くし
深く息をして酸素を体内に取り込みます
乳酸が溜まると足が動かなくなるので慎重に無理せず行う事が大事なんです
 
 
無理せず行う=引き離されるわけですね~
どんどん引き離されて見えなくなりました~
 
登りきると橋の手前に大畠観光センターというのがあり、K先生はすでにそこの出口付近にある
観光版の下でで休んでました~
 
 
イメージ 5
 
 
9:26 大畠観光センター(大島入り口)到着~♪♪
走行時間は2時間45分くらいでしょうか(休憩が多い) 走行距離55.4km
 
休んでいると観光センターの出口の先で『ガッシャーン』って音がしたので
行ってみると、大型バイクの人が一人事故で転んで怪我をしてました
大型バイクの人の連れが10人位いて、危なくない所に移動させ救急車通報・・・
意識はあり外傷は見当たりませんでしたが、頭を少し打ったみたいでした
わたしたちも気をつけないと・・・いけませんね~
 
 
 
イメージ 1
 
 
20分ほど休み周防大橋を渡りいざ大島へ~
去年の11月は渡った所で休憩して折り返しましたが
時間もまだ早いし先を進みます
車道は車の渋滞です
この島にはサザンセトというリゾートホテルやキャンプ地、海水浴場、温泉などがあり
釣りのメッカでもあります
今年最後の海水浴に向かう車でしょうね
こんなに渋滞しているのは始めてみました
 
 
イメージ 2
 
 
島と言うよりは山と言った感じで
強烈な上り下りが続きます
雲も無く刺さるような太陽の下
登りで引き離されても下りでは追いつけなくなってきました
 
この大島、文殊山と言うのがあります
文殊の知恵』の文殊です
日本三大文殊の一つとされる文殊の社が山の頂上近くにあります
何度かいったことがありますが
霊感の弱い人でも『ゾクゾク』する感じがある聖域で
わたしの中では愛媛県四国山脈の西日本最高峰霊山・・・石鎚山
島根県出雲市の黄泉と現世のつながった場所・・・黄泉比良坂
に告ぐ『ゾクゾク』スポットです
この文殊山はとてもわたしの自転車では無理なので
今回はパス・・・
サザンセトの辺りまでいければ行こうということで走りました
 
途中のコンビ二で梅干入りのおむすびを2つ食べ飲み物を調達・・・
 
ひたすらアップダウンを繰り返し・・・たまに海を見ながらすすみます
首を冷やす冷却タオルももう効果なし・・・
飲み物も7本目のペットボトル・・・
サウナスーツはやはり失敗でした・・・
もう景色を楽しむ余裕もありません・・・
島に渡り14,5キロ走った所に急な登りがあり
登りきったところが少し広くなって日
陰になっていたので
2人とも倒れるように休みました
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
20分ほど休み
サザンセトまで10キロ位ですが
飲み物も尽きたし、こののぼりの手前にコンビ二があったので
ここまでにして引き返すことに・・・・
先に進んで飲み物調達がいつできるかがわからないのもありました
 
 
 
折り返してアップダウンを繰り返し戻る途中の一番キツイ坂で
足に乳酸が溜まり動かなくなってきました
一度完全に溜まるとしばらく回復しません・・・
もも全体がつって、ニク離れになりそうな感じだったので
登りきったところで休憩、ストレッチをしました
もう写真を撮る余裕もありません・・・
これはヤバイな・・・
足の何処もかしこもツルのです
この位置からは家までまだ65キロくらいあります・・・
うーん・・・帰れないかも・・・
っともう完全に折れてました・・・
30分休憩・・・
足は少しだけ回復しましたが
もう重いギアは踏み込めません
 
たびたびK先生には休みを取ってもらい・・・帰路・・・
 
途中大島を出る前に食べ物屋さんが何件かあるので
お昼ごはんを食べることにしましたが・・・・
あれだけの交通渋滞・・・何処も超満員です・・・
仕方ないので橋を渡り、以前立ち寄った事がある
食事処へ・・・
 
橋を渡って本土に戻り5キロ程の所にあるこの食事処も
店の前に行列が・・・・
仕方ないのでその隣にあるコンビ二へ・・・
またまたおむすび2つとパンを一つ食べ5度目の日焼け止めをシュー 
出発・・・
あと50キロ・・・
 
あいにく太陽はギラギラ・・・一日中・・・照りつけ
体力の消耗は激しく
30分おきに休憩しながら15時30分に小瀬川をわたり広島県に・・・
 
お尻は痛いし、足はもう惰性でしか動きません・・・
K先生は車道が狭いと歩道を走るのですが
舗装がひどくタイヤの細いロードレーサーは悲鳴を上げっぱなしでした
23mmしかないんです衝撃も凄く心配でしたが・・・・
 
特に舗装の悪い大竹を抜ける寸前でタイヤに異常が・・・
前輪がパンクしてました・・・
 
近くのコンビ二まで押して行きタイヤをはずしてチューブを出し
空気を入れて穴の開いている所を見てみると
リム打ちとっいって、タイヤのリムの所が2箇所裂けてました
ひどい段差があったのです道路に・・・
 
パンク修理剤でつかないので、K先生が持ってきていた予備のチューブを
つけてくれました
でもパンク位置と違う所のタイヤが・・・えぐれてます・・・
 
 
 
また携帯用のポンプでは空気の圧が弱く、入りきらないので
近くのホームセンターに空気入れを借りに行きました
 
ロードレーサーは空気に圧をかけて入れるので普通の空気入れで入れるには
アダプターがいるので、アダプターを購入・・・
空気を入れて、タイヤの破れは気になりますが
どうしようもないので騙しだまし帰ることに・・・
この騒動でもうすでに18時20分・・・
家まであと25キロなのですが・・・
 
少し薄暗くなったのでライトと後方の赤い点滅ランプをつけて走行・・・
 
5キロほど走り大野の登りで
急に車が飛び出してきて
K先生は左回り、わたしは右回りで交わしました
かわした時、今日唯一わたしが先になり先導する形になりました
車道を走っていたのですが、車の往来が激しく道が少し狭いので歩道に・・・
歩道に上がる寸前、段差が見えなかったんですね
もんどりうって転んでしまいました・・・
 
左ひざ、左ひじ、受身をとっさにとったので、左手の掌、親指の付け根に激痛が・・・
 
お気に入りのベージュのストレッチジーンズには穴が開き血が・・・
手の甲はグローブをしていて外傷はないのですがかなり痛みました
自転車の前方ライトが壊れたので
もう完全に暗くなるまでには・・・帰路を急ぐしかない・・・
 
急ぎながら集中し、慎重に帰りました
左手がブレーキを握れないので
甲側でブレーキを押しながら・・・
泣きそうでした・・・
 
 
19時39分・・・何とか帰宅・・・
シャワーを浴び、傷の手当をしました
親指の付け根が腫れてます
多分骨に異常はないと思うのですが
仕事に影響しそうです
ひだり足は中々血が止まらなく
つい油断した自分のドジさ加減に悲しくなりながらも
まあ大怪我でなくて良かったと一安堵・・・
 
そのあとK先生と 焼き鳥「カープ鳥」にいって
お疲れ会
 
イメージ 5
 
 
家から歩いて5分ほどの所にある
カープファンの焼き鳥屋さんです
カープ鳥を経営している元カープ選手の店が沢山広島にはあります
 
メニューには選手の名前が・・・
 
 
 
 
 
焼き鳥やお刺身を堪能しました~♪
 
おあいそは、この店では ゲームセットです
 
 
 
 
まあ、大変な1日でした
距離的には大した子とありませんでしたが
今迄で一番キツイツーリングでした